文学紀行:シェイクスピアと故郷ストラトフォード=アポン=エイヴォン(イギリス)

はじめに

今回のテーマは、ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)ストラトフォード・アポン・エイヴォン、イギリスにある彼の出生地です。

この町は、文学好きな方にも、イギリスの地方を巡ってみたい方にもオススメの場所です。

Shino
Shino
イギリスの地方っていい感じですね。シェイクスピアの故郷を旅してみましょうー!

ストラトフォード=アポン=エイヴォン

シェイクスピアを読む

僕がシェイクスピアに触れたきっかけは名作映画『レインマン』(1988)。この映画のシーンで、トムクルーズ演じる弟が「シェイクスピアも読んだのか?」と兄に聞くシーンがあるんですが、僕がシェイクスピアを読んだきっかけは、このなんでもないシーンから。

Shino
Shino
きっかけってそんな感じですよね。私もこの映画のシーン覚えてます。シェイクスピアは関係ないですけどね(笑)
created by Rinker
¥3,300 (2024/05/21 13:13:48時点 Amazon調べ-詳細)

話がそれてしまいましたが、シェイクスピアはやはり面白いです。さすがイギリスの生んだルネサンスの大劇作家。『ハムレット』『マクベス』『ロミオとジュリエット』、彼の傑作は世界文学史に燦然と輝きます。シェイクスピアの本は、難解ですが、話の面白さや、読みやすい長さなため、まずは代表的なものから読むのがいいですね。

created by Rinker
新潮社
¥484 (2024/05/21 13:13:50時点 Amazon調べ-詳細)

個人的にはマクベスとハムレットがお気に入り。

created by Rinker
¥396 (2024/05/21 13:13:50時点 Amazon調べ-詳細)

シェイクスピアとアート

シェイクスピアはイギリスの作家なので、やはりイギリスのアートでもよく取り上げられました。例えば、ラファエル前派はモチーフにシェイクスピアの戯曲に出てくるシーンを使う場合もありました。

Shino
Shino
ラファエル前派の作品を見ると、シェイクスピアの劇のワンシーンを切り取る作品がありますね。イギリス以外の地域でも、シェイクスピアを取り上げるのを見られますし、インターナショナルです。さすがですね。
ジェン・エヴェレット・ミレイ『オフィーリア』(1851-52) テートブリテン、ロンドン

ジョン・エヴァレット・ミレイ『オフィーリア』は、『ハムレット』のシーンから。ロンドンにあるテートブリテンの所蔵する傑作です。なぜ女性が川の中にいるのかは、ハムレットを読んでみるとわかりますが、とても印象的なシーン。ちょっと怖いですけどね。

新 怖い絵 (角川文庫)、中野京子

シェイクスピアの出身地ストラトフォード=アポン=エイヴォンへ

シェイクスピアは、もちろんロンドンへ出て活躍をしましたが、彼を語る上でやはり出身地は欠かせません。ストラトフォード=アポン=エイヴォンです。

Shino
Shino
ロンドンからも電車で行けますよ!
ストラトフォード=アポン=エイヴォン駅

シェイクスピア出身地ストラトフォード=アポン=エイヴォンの建築を楽しむ

イギリスの地方の街にはロンドンにはない歴史も垣間見れてとてもいいです。ぶらり旅をしてみたいですね。

Shino
Shino
英国といえば庭園が有名です。街には色々と庭園もあり楽しいですよ。
ストラトフォードには英国ならでは庭園も。

ハーフティンバー様式とは

アルプス以北の北方ヨーロッパでよく見られる建築様式に、ハーフティンバー様式が挙げられます。

これは柱、梁や筋交いがむき出しになった木造建築で、イギリスの古い建築にもよく見られます。
ストラトフォードは、このハーフティンバー様式の建物が残る街。古い街並みの中を散策していると、英国の中世を感じて旅行気分も自然と盛り上がります。

ハーフティンバーの建物が並ぶ

ちなみに、シェイクスピアの生家もハーフティンバー様式です。19世紀に復元された生家が今も管理され公開されています。

Shino
Shino
なんて雰囲気のある建物でしょう!日本にはないですよね!



シェイクスピアの舞台を本場で観劇する

ストラトフォードは、シェイクスピアの舞台を楽しむのにももってこいです。

ロイヤル・シェイクスピア・シアターでは、ここを拠点にするロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが公演をしています。

本場で体験する伝統的な舞台

特徴として、シェイクスピアの時代当時の伝統的な舞台空間を体験できます。演者と観客席が近いのが一体感を生むんですね。

シェイクスピアの戯曲は、色々な都市や国で上演されていますが、彼の生誕の地で体験するのはきっといい思い出になるはず。

あらすじで読むシェイクスピア全作品 (祥伝社新書)

シェイクスピアの町でパブでエールを飲む

シェイクスピアを楽しんだら、パブでエールを一杯と行きたいところ。エールはイギリスでおなじみのビールで、常温で提供されます。各地方にも地エールも沢山あるため、行く先々で楽しむのもいいですね。

パブ: ギャリック・イン

この街のハイストリートにあるギャリック・イン(The Garrik Inn)も、個性的なハーフティンバー様式の建物で、中はパブになっています。この街最古のパブです

Shino
Shino
ストラトフォードに行ったらパブにも寄りたいですね。やっぱパブでエールでしょう!

エールを一杯やりながら、フェッシュ・アンド・チップスをつまむのもイギリス風。シェイクスピアも当時の仲間たちとエールを飲んでいたのかもしれないと想像するだけで、楽しくなってきます。

ギャリック・イン。昔の英国の雰囲気が香る。

ロンドンはもちろんエキサイティングな街ですが、地方に行くとよりイギリスらしい風景、歴史文化に触れられます。ストラトフォード=アポン=エイヴォンは、ロンドンからも行ける距離にあるため、イギリスを旅したら訪れたい町のひとつとしてオススメです。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi and Shino

シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です