ギリシャ紀行:村上春樹の『遠い太鼓』とギリシャの動物達。村上春樹のオススメ旅エッセイを紹介。

エーゲ海を巡る

はじめに

今回はギリシャ・エーゲ海村上春樹の『遠い太鼓』がテーマ。

村上春樹のヨーロッパ滞在紀である『遠い太鼓』は、傑作エッセイとして人気だ。村上さんの目線で見る色々な人間や現地の文化が面白い。

また、彼と村上夫人とのやり取りを読んでいると、うちにも当てはまる事もあったりして読みながらニヤニヤしてしまう。

Shino
Shino
村上さん夫妻のやりとりがとっても面白い!

エーゲ海には3000もの島があるそうだが、ギリシャの島に憧れる人も多く、夏は観光客で賑わう。古代ギリシャ世界の遺跡巡りや、暑い太陽と青い海を求めて世界中から人が訪れる。

ゆったりとした時間の流れが魅力的なギリシャ。その青い海と白い家々が織りなす風景は、心を穏やかにしてくれる。そんな魅力に溢れたギリシャへの旅が、心身ともにリフレッシュできる素晴らしい経験になることであろう。

Shino
Shino
ギリシャ行きたいなー!

ギリシャ

村上春樹の『遠い太鼓』に出てくる「死に犬現象」を見る

エーゲ海を巡って。

村上夫妻が訪れた島は、スペッツェス島、ミコノス島、クレタ島、レスボス島などがあった。

ミコノスは、その美しい風景で知られるギリシャの代表的なリゾート地であり、日本からも多くの新婚夫婦がハネムーンで訪れる。また、クレタ島もクノッソスなどの遺跡で有名な島として知られている。

そして、ギリシャで最も晴天率の高い島であるレスボス島。村上さんの文章を読んで、この島への旅に魅了される人も多いに違いない。僕も美術館についての記述を読んで、ぜひその場所を訪れてみたいと強く思った。

一方で、スペッツェス島はあまり知られていない。近隣のエギナ島やイドラ島の方が有名である。しかし、日本人には馴染みの薄いスペッツェス島での滞在記を読むことで、生き生きとしたギリシャの雰囲気を感じ、興味深い体験を味わうことができるだろう。

created by Rinker
¥990 (2021/07/23 04:20:21時点 Amazon調べ-詳細)

炎熱の午後になると、石のように静まり返ったギリシャの島々では、時折、道端に生気を失ったかのように横たわる犬たちを見かける。これを「死に犬現象」と村上さんは呼んでいる。

その姿を前に、通りすがりのギリシャ人たちは、その犬たちが生きているのか、あるいは死んでしまったのかについて議論を交わす。その議論が興味深く、僕もギリシャを訪れた際には、その光景を一目見ようと心に決めていた。

Shino
Shino
むむ!興味深い!本当にいるのかな〜

アテネから行くエーゲ海クルーズで『遠い太鼓』を旅する

アテネから日帰りで行けるイドラ島。ピレウス港から船に乗ってエーゲ海クルーズだ。

温暖なギリシャの島々では、時間も人もゆっくりとしている。

さーて、動物たちを見てみよう!

いたー!犬が寝てる!

アテネからのエーゲ海クルーズで訪れることができるイドラ島。時間がゆっくりと流れる、素敵な島。

島中に漂うその雰囲気は、人も動物も、まるで時の流れに身を委ねているかのようだ。

Shino
Shino
おー!!!いたー!動物もゆっくりしてる!!
鮮やかな青い椅子と昼寝をする犬や猫

アテネからのエーゲ海クルーズで訪れることができるイドラ島。その風景は、まるで時間がゆっくりと流れるような、魅力に満ちた場所だ。

島を歩けば、街中でゆったりと昼寝をする犬や猫がたくさん目に入る。彼らはまるで、日光浴をしているかのように、無防備にひとときを楽しんでいる。そんな光景を目にした時、村上さんもきっと口角を緩め、心の中で微笑んだことだろう。

彼らは近づいても、まったく動じることなく静かに眠り続ける。何か音がしたとしても、日本の犬のように反応することはない。彼らはただ、そこにいるだけで満足しているように見える。

野外のレストランの中で昼寝をする犬と目が合った。

港近くの野外レストランでも沢山の犬と猫が昼寝している。人なつこいのか、マイペースなのか、寝ている犬や猫に近づいても知らんぷりだ。

Shino
Shino
おおー!犬も猫もマイペースで昼寝してる!
お店の入り口で寝る猫

イドラにいる動物達の存在が、島全体をさらにリラックスさせているかのよう。

イドラは、綺麗な海と可愛らしい街並みと共に動物達がとても印象に残る。

太陽とエーゲ海に惹かれて きらめきの国ギリシャへ (旅のヒントBOOK):写真と文章がとてもステキな一冊。なかなかギリシャまで行けないですが、読んでいるだけで旅行気分の一冊です。

f:id:KoichiHasArt:20200307153625j:image
Shino
Shino
綺麗な島に動物たち!私もお昼寝しに行きたい!

村上春樹のオススメ紀行エッセイ

村上春樹のオススメ紀行文をいくつか紹介します。

  • 『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』

僕はウイスキーが好きでよく愛飲するが、村上さんのこの紀行文は、ウイスキーファンにはたまらない。スコットランドには、ウイスキーの蒸留所が沢山あるが、アイラなどへは是非とも行ってみたい。スコットランドでパブに入った時の現地の人のウイスキーの飲み方の下りなんかは、とても参考になった。あと、この本は写真がとても良い。うちの奥さんは切り取って壁に貼っています。

created by Rinker
新潮社
¥649 (2024/05/21 12:54:32時点 Amazon調べ-詳細)
  • 『辺境・近境』

この本を読むと、とにかく旅に出たくなる。村上さんの旅エッセイはどれも好きだが、この本も最高。モンゴルも面白いし、香川なども。旅好きにオススメの一冊。昔、僕が最初に読んだ村上紀行文です。

写真編です。これも興味深い。

created by Rinker
¥924 (2024/05/21 12:54:34時点 Amazon調べ-詳細)
  • 『雨天炎天』

ギリシャ編は『遠い太鼓』でも沢山登場するが、この本ではアトスが登場する。ここはなかなか行けない場所というのもあり、とても興味深い。それにしても、村上さんの旅エッセイは最高だ。読んでいるだけで旅気分。彼のエッセイのファンは多く、小説よりも好きという人も。この一冊もぜひ手にとって読んでもらいたい。

  • 『ラオスにいったい何かあると言うんですか』

現時点では一番新しい紀行文集になるかな?旅好き、村上ファンにもオススメの一冊。ラオスの記述も面白いが、その他の土地も面白い。ギリシャなども。

ギリシャ・ワインのススメ

「ギリシャのススメ」としてギリシャワインを少し紹介。

ギリシャワインは日本では珍しいですよね。

でも、ヨーロッパでは歴史が深く、今世紀に入ってからは段々と人気も出てきているギリシャワイン。フランスやスペイン、イタリア、ドイツのワインももちろん素晴らしいですが、ギリシャワインを極めるのも楽しい!

ギリシャ クレタ産のワイン 赤ワイン 辛口 750ml (柔らかく丸みのあるフルーティーな風味)ワイン エノトリア レッド [ドロファキスワイナリー]:賞を取ったことがあるワイン。クレタ島はギリシャワインの産地の一つで、いいワインが取れます。オススメです。

Shino
Shino
ギリシャワインってなかなかお目にかからない分、極めたくなる!ワイン好きはぜひ!

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi and Shino



シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です