映画で旅するヴェネツィア:ヴェネツィアが舞台の映画を紹介します。

夕暮れのグランドカナルにゴンドラが。

はじめに

**魅惑のヴェネツィア: 水の都の魔法に魅せられて**

船でヴェネツィア本島に入ると、そこに広がるのはまさに海に浮かぶ街の幻想郷。古代の知恵と努力が結集して生み出された、ヴェネツィアの風景はまさに圧巻です。

本島の中央を貫く大運河は、街の中心軸として歴史を刻んできました。午後になると太陽が傾き、運河沿いを行き交う船が水面に描く美しい影が、心を魅了します。

ヴェネツィアの美しさは、まるで映画の舞台そのもの。日本からはなかなか足を運ぶことのできない場所でありながら、映画を通じてその魅力に触れ、心を旅に導かれることでしょう。

ヴェネツィア、水の都の魔法に魅せられて、映画の世界へと誘われる旅をお楽しみください。

Shino
Shino
ヴェネツィアは映画の舞台として最高ですね!どんな映画があるかなー?

007『カジノ・ロワイヤル』:ダニエル・クレイグ版ボンドの第1作目

『カジノ・ロワイヤル』は007シリーズの中でも特筆すべき名作の一つですね。ヴェネツィアが舞台となる後半は、その魅力が存分に描かれています。

大運河を船でクルーズするシーンや、高級ホテルでの滞在、そしてサン・マルコ広場など、ヴェネツィアの美しい風景が作品の中で息づいています。そして、クライマックスでの迫力満点のアクションシーンは、観る者の心を引き込むこと間違いありません。

ダニエル・クレイグが演じるボンドは、この作品で初めての登場ですが、その魅力は際立っています。彼のボンドは、スリリングなアクションシーンに加えて、複雑で魅力的なキャラクターとしても存在感を放っています。

『カジノ・ロワイヤル』は、単なるアクション映画ではなく、洗練されたストーリーテリングとキャラクターの魅力が絶妙に調和した傑作です。改めて観ることで、その素晴らしさが再確認されることでしょう。

created by Rinker
¥1,320 (2024/05/20 20:24:09時点 楽天市場調べ-詳細)
Shino
Shino
ダニエルのボンドは最高!彼の一作目が好きっていう人多いよねー!最後のヴェネツィアは印象的。

シリーズを通して重要な人物になるヴェスパー・リンドがヴェネツィアではキーパーソンです。ヴェスパー演じるエヴァ・グリーンとダニエルの演技が光ります。

大運河をゴンドラでクルーズ

(参考)オススメ・ホテル

撮影時にダニエル・クレイグが滞在したホテル:チプリアーニ ベルモンド ホテル ベニス

Shino
Shino
007撮影時にダニエルや撮影クルーが滞在したホテルがチプリアーニ。ここから眺めるヴェネツィアは最高でしょうね!要チェックです!

インディ・ジョーンズとヴェネツィア

ハリソン・フォード『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』(1989)

『最後の聖戦』は、ハリソン・フォードが演じるインディ・ジョーンズの冒険を描いたシリーズの一編であり、その舞台としてヴェネツィアが登場します。

アメリカからヨーロッパへ舞台を移したこの作品では、ヴェネツィアが冒険の始まりを告げる場所として描かれています。観客はインディ・ジョーンズとともに、ヴェネツィアの美しい水路を船で巡り、その歴史的な建造物や風光明媚な景色を楽しむことができます。

映画を観ていると、まるで自分自身がインディ・ジョーンズと共にヴェネツィアを探検しているかのような気分になりますね。ヴェネツィアのロマンチックな雰囲気や冒険の興奮を味わいながら、映画館の中で旅行気分を満喫することができます。

created by Rinker
Paramount
¥1,091 (2024/05/20 20:24:10時点 Amazon調べ-詳細)
Shino
Shino
インディージョンズを観てると旅行気分に浸れる時ってありますよね!

確かにそうですね!『インディ・ジョーンズ』を観ることで、観客はまるでヴェネツィアを観光するツーリストのような気分に浸ることができます。映画の中でインディ・ジョーンズがヴェネツィアを冒険する姿を追うことで、観客も自然とその美しい街並みや風景に惹かれ、ツーリストとしての興奮や喜びを共有することができるでしょう。

また、映画が描くヴェネツィアの雰囲気や文化に触れることで、実際に訪れる際の期待や興味も高まるかもしれません。映画はまさに魔法のように、観客を異国の地へと誘い、旅行気分を味わわせてくれますね。

(参考)インディ・ジョーンズのロケ地紹介

この映画の舞台といえば、サンバルナバ教会です。図書館での探し物をしていて、炎の追ってから逃れてマンホールの中から出てくるシーンがあります。あの場所がサンバルナバ教会の周辺。

いつか行く時のために地図を載せたので、Google Map行きたい先にチェックしておいてください。これ便利な機能ですよ。旅行好きにはオススメの機能。行きたいレストランなんかも保存できるので、活用してみてください。

『ツーリスト』:ヴェネツィアの観光映画とも言える作品

ヴェネツィアが舞台の映画としてジョニー・デップ『ツーリスト』(2010)も忘れられないですね。観ているこちらもツーリスト気分で楽しめます。

Shino
Shino
ツーリストはとにかくジョニーデップがカッコいい!

アンジェリーナ・ジョリーとデップは、電車でヴェネツィアを目指します。イタリア本土とヴェネツィアは鉄道も通っているので、映画のように鉄道を使ってヴェネツィアへ入ることも可能です。サンタルチア駅を出たら目の前は運河が広がります。映画ではここからアンジーとデップが船に乗りますよね。

ヴェネツィアに行ったら水上バスで運河を巡ってみましょう。

内容はミステリーっぽいですが、とにかく観光映画としても楽しめる一作。

(参考)舞台になったホテルを紹介

映画に出てくるのが名門ホテル・ダニエリ。いつか泊まってみたいヴェネツィアを代表する高級ホテルです。

Shino
Shino
ヴェネツィアといえばダニエリですね。高級ホテルなので、お金を貯めていつか行きたいです。
 

『旅情』(1955)

ヴェネツィアが舞台の映画だと『旅情』(1955)もわすれられません。キャサリン・ヘップバーン主演の恋愛映画の傑作です。

映画の内容もいいですが、映画音楽も映画に流れる雰囲気古き良き時代を醸し出しています。この映画も、とにかく観光映画と言っていいほど、ヴェネツィアが登場します。

created by Rinker
¥1,320 (2024/05/20 20:24:10時点 楽天市場調べ-詳細)

主人公のアメリカ人女性ジェーン・ハドソンは念願のヨーロッパ旅行に出かけます。その最後の目的地でもあり、この映画の舞台でもある街がヴェネツィア。

有名な運河に落ちるシーンはこんな場所だったような。

ジェーンはサンマルコ広場でイタリア人男性レナードと出会います。今となると絵に描いたような恋愛映画ですが、とにかくヴェネツィア気分に浸れることは間違いないです。

ヴェネツィアの中心サンマルコ広場

サンマルコ広場

『旅情』でも登場するサンマルコ広場。中世の時代1000年に渡り繁栄したヴェネツィア共和国の玄関口でもあり、政治の中心でもあり、信仰の対象でもあったエリアがサンマルコです。

Shino
Shino
夜のサンマルコ広場もとってもステキよね!

中世の時代ヴェネツィアに入る唯一の道は、海からのアプローでした。現在は本土から繋がっているため電車でも入ることが出来ますが、これはナポレオンに降伏して共和国が滅亡してから橋として整備されたためです。それ以前は、船でサンマルコへ入るのが通常ルートでした。

船でサンマルコを目指すと目に入ってくるのが、ドゥカーレ宮殿。ここは、共和国の政治の中心でした。

サンマルコ寺院と『インフェルノ』(2016)

そして、信仰の中心だったサンマルコ寺院。煌めく財宝がいっぱいの異国情緒溢れた聖堂です。

このサンマルコ聖堂が舞台になったのが、トム・ハンクス主演のサスペンス『インフェルノ』

created by Rinker
¥2,037 (2024/05/21 11:39:06時点 Amazon調べ-詳細)
サンマルコ寺院の内部
Shino
Shino
サンマルコ寺院はどこかアジアの雰囲気もある建物よね。玉ねぎのようなドームが印象的。

サンマルコ広場は、さながら舞台装置のようにデザインされています。世界で最も美しいと形容される広場。その独特のデザインと歴史的な雰囲気は、多くの人々を魅了し、世界で最も美しい広場の一つと称されています。

映画の中で登場するサンマルコ広場は、その壮大な雰囲気や華麗な建築物が観客を圧倒し、映画体験に一層の深みを与えます。実際に広場を訪れることで、その美しさや雰囲気を存分に味わうことができるでしょう。歴史的建造物や美術品、そして営業しているカフェやレストランなど、サンマルコ広場は魅力的な要素が数多く詰まっています。

映画の中で描かれるサンマルコ広場の姿を通じて、観客はまるで実際にそこにいるかのような体験を楽しむことができます。その美しさと神秘性に触れることで、映画の世界により一層引き込まれることでしょう。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi and Shino

ヴェネツィアの歴史をわかりやすく追える塩野さんのシリーズはオススメです。

 

シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です